工事の現場で有効活用される

レーザーバリアの警報監視システムには、様々な物があります。

小型レーザーを搭載し、センサーから最大測定距離が18メートルもあるレーザーバリアもあります。
分析できる角度は、270度になります。さらに、その角度の範囲をリアルタイムで出力することができます。
付属のソフトウェアを活用することにより、監視フィールドを設定することもできます。
防塵防水性も搭載されており、、ヒータ内蔵で-30度まで対応可能となっております。

パソコン画面上で範囲設定が可能で、その角度内であれば距離を図ることができます。

レーザーバリアの設置例として、ブーム接触防止、警報、建物との接触防止、警報があります。それらについて、具体的に説明していきます。
クレーンなどの先に取り付けられることがあります。

ブーム接触防止として、ブームの角度に関係なく、垂直にバリアを設定することが可能です。

また、レーザーバリアが挟まれることを防止し、ドライバ接触防止も可能です。

クローラ接触防止もあり、警報機能もついております。クローラへ無線で通報することも可能です。
ブームお角度に関係なく、垂直にレーザーバリアを取り付けることもできます。
電線にレーザーバリアを取り付けることもでき、通常電線から5メートルほどで警報設定を行うこともできます。

マンションやビルで不審者侵入防止、事故予防のために監視カメラがあるように、工事の現場では、事故予防のためにレーザーバリアが搭載されております。